未分類

中国の富豪が仮想通貨Hubをアメリカに建設!

投稿日:

仮想通貨の需要が今後高まる事を見越して、世界でいろいろ仮想通貨がらみのプロジェクトが進行しているいみたいです。
中国のbillionaireもアメリカで仮想通貨のプロジェクトを進行させる面白い記事を見つけたので紹介します。

このハブの建設はUS$で300ミリオンコストがかかっていてそれを中国人の億万長者のBruno Wuさんが

中国ではなくてアメリカのコネティカット州、Hartfordで行おうとしているので話題を集めています。

このハブは大学やトレーニング施設も含める計画です。

中国で生まれた彼の計画は、彼の会社であるSeven Stars Cloud (SSC)をアメリカでもこのhubを中心に広め

アメリカと中国でFINTECH VILLEGEを建設する予定で、ロボットや仮想通貨関連の企業や、マシーンラーニング

など地元の企業や人とコラボできる場所を提供したいみたいなコンセプトでアナウンスしています。

SSCはもう正式な許可も得ていて、AIやブロックチェーンの専門的なコースの提供を計画しています。

もっとも興味深い事はWuさんが中国ではなくアメリカでこのHUBの建設を予定している事で、奇妙な事にみえますがWuさんはすごい意味のある事だといっていて、それはYale Universityや

the University of Hartford, the University of New Haven や the University of Connecticutとロケーションが近いから有益だって事らしいです。

この大胆なプロジェクト成功させるためには高い教育をうけたタレントが必要で、コネティカットで優秀な学生を取り込んでいく願いあるんじゃないかなって思います。

最近多くの仮想通貨企業では適切な専門をもったタレントが不足している問題をかかえていてその問題が進行しているみたいです。

BITSTAMPのビジネス開発のトップの人は世界的にブロックチェーンやdistributed-ledger テクノロジーの経験者が足りていないと言ってい

て、この技術者が不足している問題をWuさんがフィンテックカレッジ や革新的なフィンテックハブで解決しそうなので今後が期待がもてます。

フィンテックは将来重要な役割を果たしていきそうなので僕も仮想通貨リテラシーを向上していかないといけない気分になってきました。

まだ現実に使える技術はあまり身近にないですがそれが大きな可能性を秘めているのかなって思います。

今日も見て頂いてありがとうございました。



-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年末までにビットコイン50Kなるか?

自分が好きなYOUTUBEチャンネルにDatadashというのがあるんですが、その番組で司会者が年末までにビットコイン価格が50000$になると予想しています。 理由は簡単に、 金利が上昇し続ける D …

ビットコインで買えるCandyの自動販売機

ビットコインの支払いの開発が進んできているようです。 今回は、キャンディーをビットコインで買える自動販売機が開発されて ライトニングネットワークと言う技術が身近に迫ってきているのを感じたので 紹介しよ …

Blockchain IoT 市場に期待!

今後、IoT産業がかなりのスピードで進化して身近の物になると考えられていますが、それにともなってBlockchain IoT市場もかかさず成長するみたいです。 記事によりますと2026年までに市場が$ …

みずほ銀行、OMISEGOのスポンサーになるみたい。

ソース元 この記事には、Neutrinoのスポンサーになるって書いてあって、このNeutrinoとOMISEGOの関係が知らなかったんですけど、 ここに書いてあるように新しいプロジェクトが進行していて …

COINMAMAにRippleが追加!

いつも使っているCOINMAMAにRIPPLEが買えるようになりました。 クレジットでコインが買えますし、coinmamaは手数料が安いのでこの暴落時に買おうかどうか迷いますけど どんどんいろんな通貨 …