未分類

Bitcoin banknotes debut in singapore

投稿日:

ソース元

A digital asset smart banknote manufacturer has launched bitcoin banknotes at a store in Singapore. Designed to make owning and circulating cryptocurrencies as easy as using paper money, they are currently available in denominations of 0.01 and 0.05 BTC.

digital asset smart banknote manufacturerはシンガポールの店でビットコインの紙幣を発行しました。彼らでデザインし流通する仮想通貨は紙幣と同じくらい簡単に使えます。現在、額面金額で0.01と0.05が可能です。

Digital asset banknote manufacturer Tangem announced the launch of smart bitcoin banknotes at the Megafash Suntec City store in Singapore on Thursday.

Digital asset banknote manufacturerのTangemは木曜日にシンガポールのMegafash Suntec City 店でスマートビットコイン紙幣が発行されると発表しています。

0.01と0.05の額をすぐ持つことは可能で、Tangemは紙幣を持つことで簡素化でき安全性が向上し、そして仮想通貨の流通は洗練されやがて使う人に受け渡されると言及しています。

How Tangem’s Smart Banknotes Work

Tangem explains that their bitcoin smart banknotes are “Comparable to a well-protected paper banknote” and “Cheap enough to hand over.” Citing their ease of use, the company says there is “No special infrastructure, no complicated applications – just touch the banknote with an NFC-capable smartphone to be 100% sure it has valid assets.”

Tangem はbitcoin スマート紙幣はよく保護されている紙幣と同様、十分安くて手渡し易い、使い勝手のよさがある、と説明しています。会社は特別な構造がない、アプリも複雑じゃない(100パーセント確かな有効な財産でNFC能力がありスマートフォンに紙幣をただ触れるだけ)と言っています。

Transferring ownership of the notes is anonymous and instant, Tangem claims. “Physically hand over the whole wallet together with the blockchain private key. No transaction fees, no need to await confirmation blockchain.” Moreover, the company says that its banknotes are equipped with “high-grade EAL6+ protection for all cryptocurrencies. Irretrievable private keys prohibit replication of wallet and its assets.”

紙幣の所有者の移動は匿名で簡単です。Tangem は一体となったウォレットと一緒にブロックチェーンのプライベート鍵も手渡しします。手数料は無料です。さらなるブロックチェーンの承認を待つ必要はありません。会社はその紙幣はすべての仮想通貨にハイグレードのEAL6+保護を備え付けられます。回復できないプライベートキーはウォレットの複製とその財産を禁止します。

という事でシンガポールに行く事があればビットコインで買い物もしたいな~って思えてきました。

ここにきて紙幣?って感じですが自分もそうですが、ハッキングされてなくなると本当最悪で特に急騰した後なんかたまったもんじゃないので、紙幣で持っているって事は

なんか安心ですよね~。

両方持ち合わせておく必要もあるように最近は思えます。

まあ、ハッカーも賢いですしせっかく稼いだお金ががなくなって帰ってこない事をかんがえるとハードウェアウォレットも故障したり

ハッキングなんかも最近されてるみたいなんで、金の現物みたいに見ただけで判別できるようなビットコインの現物も今後いいのではないでしょうか?

キャッシュレス派の人もいるだろうし、現物派もいるだろうし、そのコレクターも現れてもっと仮想通貨市場が繁栄してくれれば越した事はないと自分的には思います。

 

 




-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結局下にブレーク。

昨日は、上昇ウェッジだと思ってブログにも書いて少し ビットコインをロングで仕込んだんですが 結果 このありさま、 やっぱり投資はそんなに甘くありません。 昨日見てたCRYPTO ZOMBIESの人も …

bitcoinがなぜかエアードロップされる!

ラッキーな事に結構な頻度でビットコインがWAVES のwalletにエアードロップされます。 額は一回につき0.0000012ビットコインですが今日までに総額 0.0000108ビットコイン でも日本 …

Blockchain IoT 市場に期待!

今後、IoT産業がかなりのスピードで進化して身近の物になると考えられていますが、それにともなってBlockchain IoT市場もかかさず成長するみたいです。 記事によりますと2026年までに市場が$ …

waves リースして今週貰ったコイン

最近、リースしているwavesコインの報酬がAirdropとして返ってくる日がだいたい解ってきまして、wavesnode.netにリースした場合毎週日曜日にAIRDROPされる見たいです。 &nbsp …

CRYPTOPIAのコインどうなるの?

最近、cryptopiaがハッキングされた事を知ったのですが もう2週間以上たってるのに この状態、 今回は暴落中だったからまだ被害額はましですが、 数万円分は入ってたと思います。   ブロ …